スポンサードリンク

カツラとボクサー

カツラの性能も上がっているようで、いわゆる若ハゲの男性もカツラをつけてリングに上がるケースが増えているようです。
しかし、格闘技での打ち合いでカツラがずれたりすると、勝負には勝てないかもしれません。視野を邪魔することもあるでしょうし、集中できずに敗退する方が多いようです。
逆に言うとずれないカツラができれば、ずれないメガネと同様、スポーツで使用する人が増えるかもしれません。
posted by mabou at 21:04 | カツラについて

アデランスの経営努力

アデランスは、主力の男性用かつらの市場が縮小して、経営危機とも言える状態のようで、ファンドのもとで経営再建中だそうです。
アデランスは女性用かつらに活路を求めて中国市場に望みを持って進出していく予定のようで、経済成長著しい中国の女性向けかつらで利益を求めて行くということです。
女性の美容用品に対する需要は高いようで、今後のかつら事業の伸びが期待されます。育毛関連事業もきっとのびることでしょうが、アデランスの奮闘を期待しましょう。
posted by mabou at 23:24 | カツラについて

激安かつら

オーダーメイドでひとりひとりに合わせたかつらが激安価格で登場です。かつらが5万円という激安価格でシャンプーも平気で入浴も安心といいます。
最新型の極薄タイプのかつらであなたも変身が可能です。
来店不要で型取りキットで極薄タイプオーダーメイドかつらがご注文いただけるということです。
posted by mabou at 21:36 | カツラについて

イーカツラドットコム

かつらも価格破壊の時代が来たのかもしれません。しっかりしたかつらをリーズナブルな価格で提供するイーカツラドットコムに注目です。
いろんな育毛法、増毛法が考案され、ミノキシジルの外用やプロペシアの内服など科学的な脱毛治療が出てきています。そんな中でもかつらは最後の砦的な脱毛の治療として未だにいろいろ研究開発が進められ、その技術には驚かされます。脅威のカツラ製作法をあなたも薄毛改善で実感してみて下さい。
かつらもおしゃれになって、禿げ隠しという感じではなくなってきています。ファッションのひとつと思っていいかもしれません。

格安かつらのことなら「イーカツラドットコム」へ
posted by mabou at 23:18 | カツラについて

ニューヘア

ニューヘアはドイツの増毛技術で作られたヘアケアで、自毛をもとに編み込みの毛を使って増毛するといいます。
ドイツの方たちが使う増毛法がどんなものか、興味のある方は一ヶ月は体験で増毛法を使用できるようなので、お試しいただくとよいかもしれません。
いろんな増毛法があるということは、それだけ薄毛や脱毛に悩んでいる方が多いということの裏返しなのでしょう。
ただ、ヨーロッパの人の薄毛と、日本の人の薄毛の違いもあるでしょうから、まずはお試しでよいでしょう。
posted by mabou at 07:18 | カツラについて

ベストヘアー

ベストヘアーは、かつらの価格破壊に挑戦するという、不況の時代にうれしカツラ屋さんです。
ヘアケアのなかでもカツラは個人個人に合わせて型取りしたり、試着したりと時間がかかりますが、ベストヘアーでは時間のない方用に即日仕上げのカツラもあるようです。
形状記憶型の毛髪を使ったカツラもあって、間単に着脱でき、30日間着けたままでいられるため、旅行の際などに便利になっています。
ヘアケアもいろんな方法があり、そのなかでカツラは自分の毛髪を増やすわけではありませんが、自分に自信を取り戻すための道具として使えるヘアケアのひとつといえるでしょう。
posted by mabou at 06:50 | カツラについて

医療用かつら

安心の医療用かつら[フィットミー]


医療用かつら[フィットミー]は例えばがんなどの治療で毛髪を失った方などにもおしゃれを楽しんでもらえるように製作されています。キーワードは「安心」「快適」「経済的」となっていて、医療用専用設計とお求め易い価格となっています。また治療期間にもおしゃれを楽しんでいただけるようにスタイルやカラーも豊富に取り揃えられています。
大きな病気だからこそおしゃれをして楽しむ気持ちが大事になるのだと思います。

すでに1万5千人の女性が愛用の

安心医療用かつら[フィットミー]

posted by mabou at 06:50 | カツラについて

カツラの手入れ

カツラの毎日のお手入れは寝る前など数分間の手入れが必要と言われます。
まずはベースの内側に手を入れて前髪、サイドの髪、後ろ髪と髪の毛全体を上から下へ毛先のもつれをとるようにブラッシングします。次にもみ上げ部のベースを持ってサイドの髪の毛を前から後ろへブラッシングします。次は前頭部のベースを持って上から下へブラッシング、同じ要領でサイド、襟足へと1周します。
最初と同じくカツラの内側に手を入れて髪の毛の流れを整えるようブラッシングします。
今度はカツラを裏返しにしてベースを表にして台に載せます。カツラの内側の毛の流れを整えた後に、お湯で濡らして絞ったタオルを使ってベースの内側を拭いて脂分を拭き取ります。
カツラを表返して髪の毛の表面をタオルで拭きます。髪の毛の流れに沿って拭き、特にフェイスラインに沿った部分は手で触って汚れやすいので丁寧に拭きます。
最初と同じく前髪、サイドの髪、後ろ髪と1周ブラッシングをします。
その後、前頭部のベースを持って髪の毛にリンスを薄めた水を霧吹きします。
最初と同様に髪の毛の流れを整えるようブラッシングします。
髪の毛の全体にリンス液を霧吹きしブラッシングして髪の毛になじませます。
posted by mabou at 18:36 | カツラについて

カツラ洗髪後の手入れ

カツラは洗髪後、カツラの内側を上にして広げたタオルの上に載せます。タオルの端をカツラの内側に入れるようにしてタオルを巻いていきます。タオルでカツラをくるんだら、くるんだ上から握るようにカツラをやさしく絞ります。カツラをタオルから取り出してベースの内側を表にして台に載せてカツラの内側を乾いたタオルで拭き取ります。次はカツラを反対に表返しにして台に載せ、カツラの髪の毛を後方から前方にかけてクシで梳かします。その後は自然乾燥させます。
自然乾燥後は目の荒いブラシで髪のもつれを起こさないようブラッシングして、リンスを水に薄めたものを霧吹きでスプレーしてブラッシングで髪になじませてから後にドライヤーをかけておきます。
posted by mabou at 18:06 | カツラについて

カツラのカラーリング(毛染め)

人工毛は染色剤に染まらないため人毛のみカラーリングが可能です。カツラが退色したり、増毛してもとの毛との色の差が出てきた場合などにおすすめです。毛染めはメーカーに頼む方が無難で、料金は約1万円位ということです。

カツラの寿命はオーダーメイドの全頭カツラで毎日使用して約3〜4年といわれ、増毛をいくらしても他の部分の毛が痩せて増毛部との釣り合いが取れなくなったり、枝毛や切れ毛が目立つようになってきたらカツラの作り替えを考えましょう。

古いカツラは髪の毛が薄くなった部分にヘアーバンドを固定して薄くなっていない髪を生かした髪型に変えて使用したり、家の中用のカツラとして再利用することもできます。廃棄する場合は髪をカツラの内側と切り離して、燃えるごみと燃えないごみに分ける必要があるそうです。
posted by mabou at 18:05 | カツラについて

カツラの傷み

カツラも髪の分け目の部分は髪の毛が抜けやすく、前髪の生え際部分も髪の毛が抜けやすく、頭頂部から前髪の左右の生え際にかけての三角形の地域が髪の毛の抜けやすい場所になります。抜け毛を防止するには洗髪後にセットする際に髪の分け目を変えたり、分け目を直線にせず、ガタガタした線にします。
カツラの毛は当然抜けると生えてはこないので増毛することになります。増毛の料金は増毛の本数ではなく増毛する範囲によって決まり、作業にかかる時間は新品の時と同様約1ヶ月ということです。
posted by mabou at 17:15 | カツラについて

カツラによる頭皮のトラブル

カツラをつけると熱がこもって放散されにくく、汗をかいても拭き取れないため、蒸れたりかぶれたりしてかゆみが出たりすることがあります。したがってトイレなどを利用してカツラをはずせる時ははずして蒸れないようにしたり、汗取りパットを使って汗を吸収するようにしましょう。
カツラを着ける前に水や化粧水などで肌荒れ部分を拭いて乾燥させてからカツラを着けるほうがいいでしょう。
カツラも週に1回ないし2回は洗髪する必要があります。
パーマのかかっているカツラはぬるま湯や水にシャンプー、リンスを白濁する程度に入れて、つけおき洗いを20〜30分します。
パーマのかかっていないカツラは濡らす前にブラシをかけ、シャワーでぬるま湯をかけながら目の荒いクシで髪の毛をとかします。
カツラ全体を濡らしたらぬるま湯を入れたおけにカツラの内側を上にして入れてベースの内側を洗い、前頭部分のベースを持ち、上から下に目の荒いクシで髪の毛全体をとかします。
桶に新しいぬるま湯を入れ、シャンプーをとかし、カツラの前頭部のベースを持って桶に一度つけて取り出す。前頭部のベースを持って上から下へクシでとかす。前頭部、サイド、襟足、反対側サイドと一周します。
前頭部分のベースを持って上から下へ髪の毛を軽く握るようにしてしぼる。
桶に新しいぬるま湯を入れ、ベースの内側からよくすすぎ、その後シャンプーをリンスに変えて同じ作業を繰り返します。
リンスの後のすすぎは水ですると乾燥後の髪のクシ通りがよくなるそうです。
posted by mabou at 16:52 | カツラについて

カツラを始めるタイミング

カツラを着ける決心をしても急にカツラに変わると目立ちますから、一般的には就職や転職時、進学や進級時、新学期や長い休み明け、引越しなどの生活の節目を利用してカツラ着用を開始する場合が多いということです。
会社や学校では誰か一人でもいいのでカツラを着用していることを伝えておくとトラブルが起きた時に安心できます。
また趣味を楽しんだり、習い事や学習塾など、会社や学校以外の場所ではじめからカツラをつけた自分しか知られていない場所を持っておくと周りの視線も気にならず伸び伸びできるということです。
posted by mabou at 14:53 | カツラについて

カツラの種類

カツラの種類としては大別して部分カツラと全頭カツラ、さらにはウィッグのような付け毛的なカツラなどがあります。

またカツラにはレディーメイドの既製品のほかにオーダーメイドの注文品、セミオーダーメイドの半注文品とあり、オーダーメイドの場合は部分カツラに全頭カツラさらにはお好みでいろんな形が作れます。セミオーダーメイドの場合は何種類かの髪型が決まっていて、頭のサイズと毛髪の色で自分に合うカツラを選ぶことになります。

レディーメイドの長所としては値段が安く、流行の髪形から選べて種類も豊富で購入日から使用ができるということです。
レディーメイドの短所としては微妙なフィット感に欠けることや分け目などの髪の毛の流れが不自然なことが多いことです。

オーダーメイドの長所としては頭の型取りをするためフィット感がよく髪の毛の流れが自然でアフターケアも充実していることです。
オーダーメイドの短所としては値段が高くて仕上がりまで時間がかかり、出来上がるまで髪型などのイメージがつかみにくいことです。

カツラに使われる毛としては人毛、人工毛、人毛と人工毛の混毛の3種類があり、

人毛の長所としてはなじみやすく、髪の毛をセットする楽しみがあるということです。
人毛の短所としては使っていくと髪の毛の退色がおこり、毛先も枝毛になるということです。

人工毛の長所としてはセットの手間が省けて洗髪後の乾燥もはやいということです。
人工毛の短所としては熱や摩擦に弱く毛先が縮れてきたり静電気が起きやすくなったりすることです。



posted by mabou at 13:01 | カツラについて

カツラを着けだす時

育毛や増毛などさまざまな薄毛、脱毛に対する対策も功を奏さないときはカツラの使用も考える時だと思いますが、いつからカツラを着け始めるかと普通は迷うことでしょう。一応の目安としては自分の生活に支障をきたすようになったらカツラを使い始めることを考えようということです。例えば仕事が営業職で相手の視線が気になって仕事にならないとか、学生で周りの視線が気になって勉強に集中できないとか、本来の自分らしさが発揮できなくなるような場合はカツラを購入して人目を気にせず堂々と振舞えるようになった方がよいと考えられます。
スキンヘッドで頑張るサッカー選手もいて周りの目を気にせず自分は自分と思うことが大事になってくるような気がいたします。あるいは本人が悩むほど周りの人たちは気にしていないのではないかと思われます。
posted by mabou at 11:33 | カツラについて

カツラの問題点

カツラは手軽ですぐに装着できる点が優れていますが、いくつかの問題点も指摘されています。

●薄毛・脱毛部などを隠しますが毛を増やすという根本的な解決策にはなりません。
●汗をかくと蒸れますし、暑くても人前で帽子を脱ぐようにはずすわけにはいきません。
●品質のよいものは高価で、3〜5年で買い換える必要があるといわれ、経済的な負担になります。
●カツラが他人にバレないか、あるいはカツラが人前でずれたりはずれたりしないかなどストレスを感じる場合もあるということです。

したがって薄毛の解決法として根本的な解決にはなりません。
posted by mabou at 17:24 | カツラについて

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。