スポンサードリンク

育毛と赤色LED

赤色発光ダイオードを利用して、髪の毛の育毛をサポートする育毛危機が、育毛専門の大手業者から発表されたようです。
大手の育毛業者による開発ですから試してみる価値はあるのでしょうが、実にいろんな育毛法があるものです。
逆に言うと、それだけ育毛法に興味を持つ方が多いということでしょう。
薄毛にお悩みの方はあきらめずにいろんな育毛法にチャレンジしてみて下さい。
posted by mabou at 22:59 | 植毛について

サッカー選手と植毛

欧米の男性はいわゆる若年性の脱毛も珍しくはないようですが、有名なサッカー選手も有名なクリニックで植毛手術を受けたといいます。
結果は本人も満足のいく出来栄えのようで、いろんな育毛や増毛法があるなかで、植毛手術は確実な結果を求める際には選択肢のひとつになると思われます。
美容上の悩みのひとつが脱毛であることはサッカー選手も同じのようです。
posted by mabou at 00:28 | 植毛について

自毛植毛

男性型脱毛症で薄毛になった場合は、一番のお勧めはフィナステリドの内服やミノキシジルの外用剤など男性ホルモンの作用による薄毛の軽減に効果的な育毛法とされていますが、薬を飲み続けることが容易でない場合もあり、次の選択肢として自毛植毛が挙げられます。
自分の後頭部の頭髪を生え際など男性型脱毛症で薄毛になりやすい部分に移植するわけですが、後頭部の頭髪は男性ホルモンの影響を受けにくいとされ、評価の高い増毛法といえそうです。男性ホルモンの影響は前頭部や頭頂部に出やすいそうで、側頭部から後頭部は頭髪が残りやすいからこういった薄毛の治療が成り立つわけです。薄毛解消に内服薬の効果が実感できない方にはおすすめでしょう。
posted by mabou at 23:04 | 植毛について

自毛植毛で薄毛対策

薄毛の悩みにいろんな育毛剤や発毛剤を試したけれど、残念ながら脱毛や薄毛が進んでしまった場合には、自分の毛を植毛する方法が残されています。

自分の毛を使うので安心して植毛ができます。痛みもなく手軽に自毛植毛が可能になっています。
今まで自分は育毛剤も発毛剤も効かなくて仕様がないと諦めていたあなたに朗報です。自毛植毛で脱毛の悩み解消にトライされてみてはいかがでしょう。

自毛植毛で薄毛克服について、わかりやすく漫画で説明してくれます!


posted by mabou at 07:36 | 植毛について

植毛手術を待つべきケース

植毛手術をすこし待って様子を見たほうが良いケースは以下のように考えられています。
●10代から20代前半の若い方の場合は植毛に過大な期待を持っていたり、薄毛の経過もしばらく観察する必要があるため様子をみたり、薬物療法がすすめられます。若い方でなくても精神的に不安定な場合も様子を見る必要があります。
●薄毛の初期の段階の場合は、植毛自体の効果がわかりにくく、毛髪のショックロスのリスクもあるため、薬物療法がすすめられるということです。
円形脱毛症あるいは皮膚ないし全身疾患のための一時的な脱毛が疑われる場合などは放置しても薄毛や脱毛が改善される可能性があるため経過を観察する必要があります。

植毛手術がどんな手術でどこを目標にするかなど理解できない場合あるいは植毛手術の効果が目に見えた形にならない場合は慎重に適応について考える必要があります。
posted by mabou at 07:36 | 植毛について

植毛時のヘアライン

ヘアラインは年齢とともに上方に上がっていくのが普通で、あまりへアラインが低いとかえって不自然です。ヘアラインの形は男性は左右に剃り込みのあることが多く、女性のようななめらかなヘアラインだと不自然になります。
また完全に左右対称とか直線的なヘアラインも不自然で、ヘアラインは毛が薄くなっていく感じが必要で、植毛手術で大きなドナーの毛の株を移植すると不自然になります。植毛時には移植時にヘアラインの毛流の自然さを考慮したり、ドナー部位の毛の太さと移植部位の皮膚とのコントラストが強すぎないか考える必要があるとされます。
ヘアラインが自然に決まると顔全体が締まって見えるといいますから、特に正面から見た場合の印象を良くするにはヘアラインの毛の植え付けには美的センスも働かせてあたる必要があるようです。
posted by mabou at 06:57 | 植毛について

カツラ使用者の植毛手術

カツラを使っていて植毛手術を受ける場合は、
○カツラを外したいという動機付けが強いこと
○カツラを使って植毛手術の経過を隠すことができること
などプラス面のほかに、マイナス面もあり、
●カツラの毛の濃さと植毛による毛の濃さは1回の植毛で差をなくすのは困難で、カツラをはずすにはカツラ非使用者より多くの毛を植毛する必要があること、あるいは薄毛の部分全体を植毛してカツラとのギャップを少なくするのが望まれること
●カツラの装着で発毛率が下がるリスクがあり、植毛術後は少なくとも1〜2週間はカツラをはずすほうが望ましいこと、できれば植毛術後1ヶ月はカツラをはずしておけることが望ましく、編み込み式のカツラは移植した毛に良い影響を与えないので着脱式のカツラに変える必要があること
などはカツラ使用者の場合の注意点で、
カツラをはずすに際しては、1回にできるだけ多くの毛を植毛するとか植毛回数を増やして合計植毛数を増やすなどの配慮が必要になると考えられます。
posted by mabou at 06:47 | 植毛について

円形脱毛症

円形脱毛症の原因としては自己免疫疾患とする説が有力で、本来自分の身体を守るための自己免疫機構が毛包を攻撃してしまうために脱毛が起こるとする説です。染色体上の円形脱毛症に関与する遺伝子を指摘する研究結果も出ていて遺伝子治療の道が開ける可能性もあると考えられます。
脱毛については半年位で軽快することもあるといわれ、いずれ毛髪が生えてくる可能性のあること、またドナーとなる部位の毛も脱毛を起こす可能性があり、ドナードミナンス理論は当てはまらないため植毛手術は原則的に行なわれません。
現時点ではカツラを使用して美容上の問題に対処するということになると思われ、カツラの性能アップも望まれるところです。
posted by mabou at 06:26 | 植毛について

植毛法:FUE(フォリキュラー・ユニット・エクストラクション)

FUEはFIT(フォリキュラー・アイソレーション・テクニック)とも呼ばれる植毛法のテクニックで、毛根ドナー部位の毛を短く刈って1mm径のパンチで頭皮に毛根を傷つけないよう1.5mm位までの浅いカットをして引っ張って1個のFu株を作って植毛していきます。

FUEの長所は何といってもドナー部に線状の傷ができないことで
○ドナー部位の線状の傷跡を避けたい方
○ケロイド体質の方
○頭髪以外の毛をドナーとして用いたい方あるいは少しのドナーでよい方
○ドナー部位の皮膚緊張が強くて切り取る余裕がない方
などに適した植毛法とされています。

FUEの短所は
●Fu株を作る際に手技上、毛根切断率が高くなること
●移植する株数もある程度以上多くは取れなくなること
●ドナーの傷跡もどこまでなくせるか問題があること
●ドナー部位の毛を短くするため植毛術後の見栄えの問題があること
●植毛術の費用が高くなること
などが指摘されています。

以上のことを考えると、植毛範囲が狭く、移植株数が少ない場合には良い植毛法として薦められるのではないかと考えます。
posted by mabou at 06:02 | 植毛について

頭部毛髪以外の植毛

植毛は頭部以外でも可能で、例えば睫毛、眉毛、ひげ、陰毛まどについても可能です。いずれの部位についてもドナーには頭髪を用いるということです。この場合は採取した毛髪すべてを一本一本で株分けして植毛します。眉毛は両方で約300ないし600本、睫毛の場合は両方で約60ないし80本を植毛するといいます。
ドナーが頭髪のためやや太さとしては他の部位より太くなり、頭髪は毛周期も他の部位より長めになるため、毛が長く伸び続けてしまいカットが必要になってきます。
かなり微妙な植毛テクニックが必要と思われ、植毛する側の熟練が必要ではないかと考えます。
posted by mabou at 21:26 | 植毛について

若者の植毛

10代から20代前半で男性型の薄毛に悩んで植毛を希望する人もいますが、若い方の場合は25歳位までは植毛に慎重になる必要があります。その理由としては、若い方では薄毛にパニック状態になり、植毛の説明など聞いても理性的に判断がつきにくくなっていたり、植毛の結果に対して過大な期待を抱きすぎたり、あるいは薄毛の進行具合は個人差があり、すこし時間をかけて観察するほうがよいと考えられることによります。

国際毛髪外科学会にはガイドラインがあって、
治療はなるべく薬物療法からはじめる、本人の希望するヘアラインより高めに設定をする、なるべく先の読めないつむじの部分は植毛を避ける、剃り込みはデザインを女性型にしない、ドナーの部分を安全に厳密にデザインする、カウンセリング時にすぐに植毛手術予定にしないこと、
などにしたがって慎重に対処することが望まれます。
posted by mabou at 17:58 | 植毛について

植毛手術2回目

おおよそ採毛部の1/2の毛髪の濃さを達成するには2回に分けて植毛するのが普通になりますが、初回植毛とは別の部位に植毛する場合はドナー部位の傷が十分回復するのを待つ必要があり、最短で3ヶ月後くらいから2度目の植毛手術が可能となるとされています。
また植毛部の毛髪の濃さを上げるために1回目の植毛部位と同じ部位に植毛を行う場合は6ヶ月で定着した毛根の発毛が完了し10ヶ月後を目安に移植した毛が太く生え揃うとされるため、その様子を見てからにするのが無難と考えられます。

植毛された毛は、ドナードミナンスという理論があって毛髪はもともと生えていた部位によって性質は決まるとされていて、将来的に抜けない性質を持った毛髪は薄毛の部位に移し変えてももともとの性質どおり成長し続けるということです。
Fuはひとつひとつが遺伝子情報を内蔵していて、男性ホルモンに反応して抜け毛となるものと男性ホルモンに影響されず成長するものに分かれていて、抜けない遺伝子を持つ後頭部の毛を移植することで薄毛の部分を補えるわけです。
posted by mabou at 15:39 | 植毛について

植毛後の注意:ショックロス

植毛手術で移植した株の毛は1〜2ヶ月以内にいったん脱落してしまいます。これは移植した毛が休止期に入るためで自然の経過とされています。2〜3ヶ月後には新しい毛が生えだして、6ヶ月後には定着した移植毛のほとんどは発毛します。10〜12ヶ月ほど経つと移植毛が太く長く生え揃ってくるということです。

一方、植毛手術1〜2ヶ月後に既存のそれまで生えていた毛髪の脱毛が起こることもあり、ショックロスあるいはショックと呼ばれています。休止期脱毛とも言われるように、スリットをたくさん作るために機械的ないしは血行状態の変化などが原因で一時的に毛髪の育つ環境が変化して、既存のヘアは休止期に入るためと考えられています。ただ、本人にしてみればその名のとおり脱毛は大変ショックな出来事だと思います。

ショックロスで抜けるのは一時的脱毛がほとんどといわれますが、細くなった弱い毛などはそのままで生えてこないこともあり、抜け落ちる運命の毛であったと考えるしか現時点では仕方がないと思います。
posted by mabou at 14:52 | 植毛について

植毛の目標

植毛においてなるべく毛の密度を上げて植毛するデンスパッキングを行った場合で、ドナー部の頭皮の毛髪密度を100%とすると1回目の植毛で25〜30%の毛髪密度を達成し、2回目の植毛で50〜60%の毛髪密度を達成することが植毛の目標にされています。つまり、植毛のゴールは採毛部など薄毛の見られない部位に比べて半分程度の密度の毛髪濃度を達成することといえ、半分の密度で満足いく仕上がりになることが多いといいます。
ただし若くてもともと薄毛の程度の軽い方などは植毛で毛髪密度を上げるのは困難で本人の期待度が高いこともあり植毛の満足度も低く、植毛はすこし待つか避けたほうがよいとされます。
posted by mabou at 13:07 | 植毛について

FUTによる植毛の手順

植毛を受ける方は安定剤を飲んで局所麻酔を使ってドナー毛髪の採取と植毛の手術を受けることになります。
FUTでは拡大鏡を使用して後頭部の毛髪採取部から拡大鏡で一本一本毛根を直視してドナー毛根を傷つけないよう注意して採取していきます。
ドナーの毛根採取後は株分け作業で、Fuごとに分ける作業を手作業で行います。拡大レンズで1列のFuの切片に頭皮をスライスし、さらに顕微鏡下に1Fuの1本毛、2本毛、3本毛などをサイズごとに分けて株分けしカウントします。
最後は株の植え付け作業になります。まずカウントした株数にあわせて植毛する部位にできるだけ毛髪の密度を大きくして植毛できるように切れ込み(スリット)を頭皮に入れていきます。スリットは大きすぎず小さすぎず大きさに注意を払います。小さすぎると毛根の生育に障害になると考えられ、大きすぎると頭皮に凹み(ピット)が出やすくなります。株分けした毛根部の植え付けは、すべての株分けが終了してからいっせいに植え付けを始めるプリメイド法と株分けと植え付け作業を並行して同時に行うスティック&プレイス法とがあります。
posted by mabou at 12:22 | 植毛について

植毛手術におけるFUTの長所

植毛手術において現在、標準的な術式とされるFUT(Follicular Unit Transplantation)では拡大鏡で毛根を直接観察し、確認しながらドナーの毛髪を採取するため毛根を傷つけないようより多くのドナーが採取でき、毛根を傷つけることも少なく髪の毛のロスが少なく毛根採取部の傷も少なくて済むとされます。
一方、従来のマルチブレードナイフを使って毛髪を採取する際などは、ブラインドテクニックで毛根を確認することなく直線的に頭皮を切除するため毛包組織を傷つける可能性があり、毛根を傷つけると後で毛が生えなかったり、毛が生えても細い毛になってしまうといいます。当然、毛根のロスも多くなり採取部の傷も大きくなる傾向があります。やはり一本一本の毛を確認して傷つけないようドナーを採取する方が採取部の傷も目立たず、植毛後の毛の生育もよいと考えられます。
posted by mabou at 11:43 | 植毛について

植毛法と日本人

頭髪の総数は約10万本位といわれ、FUTなど植毛法での後頭部ドナー部の毛髪密度は、白人で約230本/cm2に対して日本人で約160本/cm2と日本人では毛髪密度が白人の約7割で同じ本数の毛髪移植にはより広いドナー部の面積を必要とします。また日本人は黒髪と明るい皮膚がコントラストが強くなり地肌が見えやすくなるためより多くの毛髪の移植が必要です。顔の形も平面的で大きめの顔のため前髪の生え際などにより多くの毛髪を必要とします。さらに日本人はドナー部面積を広く取りすぎると傷が盛り上がって赤くなり、ケロイド(肥厚性瘢痕)をおこす人が白人より多いといわれています。このケロイドの問題は美容の面からも注意が必要です。
反面、日本人の毛髪は太いため同じ本数でも濃く見えるのは有利な点です。
posted by mabou at 22:56 | 植毛について

植毛とFUT(Follicular Unit Transplantation)

欧米ではパンチグラフトからミニグラフト、さらにマイクログラフトというように植毛において移植する毛の生えた株は小さくなっていきました。

パンチグラフトでは直径が3〜4mmの円筒形の特殊なメス(パンチ)で10本以上の毛を毛根ごと採取してそのまま薄毛やハゲの部分に移植する方法で1960年初頭から爆発的に拡がったといいます。これは簡便で効率がよく確実性に優れるといいますが10本以上の毛をまとめて移植するため毛の生え際が不自然になる欠点がありました。そこでミニグラフトでは1株に4〜6本の毛が含まれ、マイクログラフトでは1株が1〜3本とより小さな単位で植毛するようになっていてFUT(Follicular Unit Transplantation)が1990年代に世界の標準的な植毛方法となっていったということです。

FUT(Follicular Unit Transplantation)ではフォリキュラーユニット(follicular unit)ごとに毛髪の移植を行ないます。ひとつの毛穴からは1〜4本の太い毛と1〜2本の産毛が普通生えていてこの毛穴の単位をフォリキュラーユニット(follicular unit:Fu)と呼んでいます。1995年にリマーらによって提唱され、すべての株分けをフォリキュラーユニット(follicular unit)単位に、顕微鏡下に行います。

FUT(Follicular Unit Transplantation)の長所は毛髪の自然な状態に近い形で植毛ができ、小さな株になっているため高密度の植毛が可能だということです。短所としては、植毛スタッフの熟練が要求され、植毛手術時間が長くなり、高価な機械も必要ということです。
posted by mabou at 22:40 | 植毛について

人工毛植毛の問題点

人工毛の植毛はいくつかの問題点があり、アメリカ、カナダなどでは原則禁止されているといいます。一方、アジア諸国やヨーロッパ、オーストラリアなどでは認められています。
そのほかにも人工毛植毛の問題点には以下のような点があげられます。

●身体にとっての異物に対する拒絶反応、人工毛植毛部の感染や瘢痕化などの合併症が起こります。
●人工毛が脱落すると植毛を繰り返し、毎年のように繰り返すと長期的にはかなりの経済的な負担になります。

こうした異物反応や細菌感染や炎症のリスクもあって現在は人工毛植毛は非主流の植毛法になっています。
posted by mabou at 16:57 | 植毛について

薄毛と解決法

薄毛の要因としては以下のようなものがあげられます。

●局所的な疾患:円形脱毛症、粃糖性脱毛症(ふけはげ)、頭部白癬(しらくも)などによる薄毛

●全身的な疾患:梅毒、膠原病、甲状腺疾患、肝硬変、腎不全、ホジキン病、白血病、チフス、猩紅熱などによる薄毛

●栄養障害による薄毛:亜鉛や銅の欠乏で脱毛を起こしやすくなり、鉄の欠乏でびまん性の脱毛をおこしやすくなり、ビタミンA欠乏で皮膚が角質化して毛髪の生育を阻害したり、逆に過剰だと薄毛になることがあるといいます。ビタミンDの不足も脱毛をおこす恐れがあります。

●外傷や火傷:瘢痕性脱毛症や髪の引張りが原因の結髪性脱毛症、圧迫が原因の機械的脱毛症、抜毛狂すなわち毛髪痒感症

●薬物、放射線


一方、薄毛の解決法としては

○植毛
○人工毛植毛
○かつら
○増毛
○育毛剤、養毛剤

などがあげられます。

posted by mabou at 00:29 | 植毛について

薄毛治療と植毛

薄毛治療として植毛を選ぶ場合、薄毛治療の目的はいかに元の毛髪の状態に近づけることができるか、ということになり、そのため植毛の際の課題は以下の2つがあります。

●いかに毛髪を濃くするか、すなわち植毛においてはいかにたくさんの毛を植えられるか、という問題

●いかに自然に毛髪を植毛できるか、すなわち植毛においてはいかに細かく毛を植えられるか、という問題

これらの問題を解決するテクニックがFUT(Follicular Unit Transplantation)として主流の植毛法になってきているということです。
posted by mabou at 23:38 | 植毛について

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。