スポンサードリンク

薄毛の男性

日本では男性の約4人に1人は薄毛といわれ、薄毛に関連する商品やサービスの国内市場規模は世界でも有数の大きさで、日本の育毛研究は世界最高水準にあるといいます。
こうした研究の成果に助けられている薄毛の男性も少なくないと思いますが、さらに薄毛の克服を目指して研究が進められているのでしょう。薄毛に負けず、堂々と育毛法の成果を体現していって男性としての自信を取り戻していきましょう。
ふさふさの毛で男性として自信を持って行動することができるよう育毛法の開発に期待しましょう。
posted by mabou at 23:51 | 男性型脱毛(壮年性脱毛)

ジヒドロテストステロン

テストステロンは男性の精巣で作られる男性ホルモンで、加齢により減少するにしたがって男性の更年期障害に関係したり、うつ状態に関係したりもするといわれています。
このテストステロンは酵素の作用でジヒドロテストステロンに変化して毛乳頭に作用することで毛の成長期を短縮させてしまい、脱毛を促す結果になって薄毛の原因になってしまいます。男性の宿命なのかも知れませんが薄毛に悩む男性が少なくないことになるわけです。
posted by mabou at 12:53 | 男性型脱毛(壮年性脱毛)

男性型脱毛症と脱毛

脱毛症が毛が抜けることと考えると、男性型脱毛症は実際には毛髪が細く短くなる薄毛と考えられ、実際に毛が抜けてしまってなくなる状態とはいえないことになります。
加齢とともに毛が薄くなる壮年性脱毛症も同じことが言え、毛が抜け落ちてなくなる病気とはいえません。毛が細く柔らかい毛になるのを毛髪の軟毛化といっています。思春期から増加する男性ホルモンが毛髪を軟毛化させると考えられています。男性ホルモンが毛乳頭をミニチュア化させて太くて長い毛髪が育たなくなるといいます。
脱毛症はあいまいな言葉なので、実際には毛髪があっても無くなったように見える場合もあると考えられます。
posted by mabou at 11:38 | 男性型脱毛(壮年性脱毛)

男性型脱毛の進行

男性型脱毛の進行は、個人差がありますが、たいがい頭頂部を中心に前頭部まで脱毛が進んで、サイドとバックに毛髪が残るというパターンが多いようで、前髪が減ってくると美容的にも問題が出てくる場合があります。毛髪が薄くなって、年齢を感じる方もいるでしょうし、逆にあまり気にしない方もいるでしょう。
あまり毛髪が減少するようだと、カツラなり植毛なり、何らかの手立てを考える方が安心かもしれません。
一方では、男性である以上、女性よりは脱毛が起きやすいと言う事で避けられない運命なのかも知れません。
posted by mabou at 17:39 | 男性型脱毛(壮年性脱毛)

男性型脱毛症の治療

薄毛に悩む方へ!
AGA(男性型脱毛症)治療の無料相談・資料請求のご紹介です。

男性型脱毛症は、早めに発見して早めに手を打つことが大事で、ほかの疾患と同じく早期発見早期治療が原則です。

まずは脱毛を防止するために男性ホルモンの作用を抑える薬を使い、さらなる薄毛の進行を防ぎます。

薄毛が進行してしまった場合はミノキシジルを高濃度で塗布することで発毛を促進します。

薄毛が進行する前に、急いで相談することがお勧めです。

AGA(男性型脱毛症)治療 無料相談を受付中!
posted by mabou at 17:39 | 男性型脱毛(壮年性脱毛)

脱毛症と男性ホルモン

男性型脱毛症には若年性脱毛症、いわゆる若ハゲと老人性脱毛症があります。若年性脱毛症では主として毛包の大きさが縮小し、老人性脱毛症では毛包の数が減少するとされています。
このうち特に若年性脱毛症は最大の要因は遺伝であるといわれ、男性ホルモンが多いとか毛包が男性ホルモンに感受性が高い人ほど脱毛症を起こしやすいと考えられます。
昔から、例えば中国の宦官という去勢された人たちはハゲることがなくハゲと男性ホルモンの関係は認められていました。
前頭部や頭頂部が後頭部や側頭部に比べてハゲやすいのは、前頭部や頭頂部が女性ホルモンに支配されていて男性ホルモンの影響を強く受けるからだといわれています。
posted by mabou at 17:39 | 男性型脱毛(壮年性脱毛)

男性型脱毛の経過

男性型脱毛の典型的な進行過程は以下のようになります。

まず初めは、フケの増加が見られます。フケは古くなって角質化した頭皮が剥がれて、皮脂腺から分泌された脂が付着して固まったものです。新しい頭皮の細胞がフケになるまで普通は28日間ですが、これが早まって脂っぽいフケが出るようになりますと脱毛の第一の兆候といえます。強いかゆみを伴うといわれます。

多量のフケと強いかゆみが止まると次は異常脱毛です。普通は一日平均約100本の抜け毛がありますが異常脱毛では数百本に増えます。

さらに髪の毛が柔らかくなってきたら脱毛の進行は深刻で、髪の毛はやせ細ってツヤ、弾力を失います。軟毛化は毛髪の成長に必要な栄養が十分に補給されない栄養障害によると考えられます。

そして、額が光ってきだしたら脱毛の完成です。光るのは発毛のための毛根が機能していないためで、毛根が機能しなければ禿げてしまいます。

posted by mabou at 16:19 | 男性型脱毛(壮年性脱毛)

脱毛の要因

若くして脱毛状態に陥る場合の一次的な要因は遺伝によるとされ、男性ホルモンが関与しています。これは個人の努力では如何ともしがたいところです。しかし脱毛の二次的な要因は防ぐ努力が可能です。
脱毛の二次的要因とは、ストレス、高脂肪で高カロリーの食事、アルコール、タバコ、睡眠不足、過労、パーマネントやヘアダイ、病気などで、特に最近はストレスによる心因性の脱毛が増加しているといいます。
ストレスは皮脂腺の増大を招いて皮脂の分泌を増加させ、毛根の栄養を運ぶ血管の収縮を起こすとされています。また通気性の悪い帽子で頭が蒸れたり不衛生になったりするのは避けてください。
なるべく避けられるストレスは避け、時にはストレスを発散し、食事や睡眠など生活様式を健康的にして、ヘアケアに注意していけば髪に対する悪影響を軽減することができます。これらの努力も脱毛してからでは遅いので、髪の健康だけでなく身体の健康を考えて、普段から健康的な生活を心がけましょう。
posted by mabou at 15:25 | 男性型脱毛(壮年性脱毛)

男性型脱毛-男性ホルモンと毛-

男性型脱毛は壮年型脱毛ともいわれ、典型的には30才位からこめかみ付近の頭髪が薄くなり、さらには前頭部や頭頂部の毛髪が消失します。これは毛が抜け落ちるのではなくて、毛髪の太さと長さが徐々に縮小して行き、脱毛というよりも実際は薄毛化というほうが正確です。
男性ホルモンの影響によって毛周期における成長期が短縮し毛髪が短いうちに毛の伸長が止まってしまい、次の成長期に生えてくる毛髪の太さが細くなっていくことが毛周期のサイクルごとに繰り返されて薄毛化が進んでいきます。
男性ホルモンのテストステロンは毛乳頭の毛細血管から毛乳頭細胞に取り込まれます。毛乳頭細胞では5αリダクターゼという酵素がテストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)に変化させます。DHTもテストステロンも男性ホルモンリセプターと結合して核内に移動して転写因子として働くのですが、DHTはテストステロンよりも男性ホルモンリセプターに結合する力が強くより強力な転写活性化を引き起こします。
同一人でも体の部位によって男性ホルモンに対する毛の反応に差が出るのは、髭ではテストステロンを受け取って遺伝子が発現し、毛母細胞の増殖を促進するインスリン様増殖因子T(IGFT)のようなシグナル遺伝子が作られるのに対して、前頭部や頭頂部では逆に毛母細胞の増殖を阻害するような物質を作ることが原因ではないかといわれています。
posted by mabou at 22:54 | 男性型脱毛(壮年性脱毛)

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。