スポンサードリンク

薄毛と心臓病

薄毛の男性は少なくないと思いますが、薄毛の男性は心筋梗塞や狭心症など心臓病の危険性が高まるといいます。
薄毛に悩む男性は、メタボ健診などに注意して心臓病の可能性がないか注意しておくほうがよさそうですが、病気の予防に役立てることも重要ということです。
脂質異常症や糖尿病など生活習慣病は動脈硬化を進行させるといいますから健診で注意しましょう。
posted by mabou at 00:40 | ヘアケア

男性型脱毛症の治療の進歩

男性型脱毛症は多くの男性の悩みの種ですが、男性ホルモンが原因となっているため脱毛に関与する男性ホルモンの生成を抑制する飲み薬が処方されるようになって一定の効果を挙げているようで、皮膚科で処方を受けることができるようです。
男性型脱毛症の治療には外用剤のミノキシジルと内服薬のフィナステリドの有効性が認められているようで、脱毛症に悩む男性には朗報といえるでしょう。
posted by mabou at 17:40 | ヘアケア

紫外線と毛髪

日光に当たると紫外線による毛髪の色あせやたんぱく質をいためることで毛髪のキューティクルが剥げ落ちて乾燥が進むことで髪の傷みが進むといいます。
まるで皮膚の乾燥が進行するのと同じようで、スキンケア同様ヘアケアも大事といえそうです。
あなたの髪の傷みがこれからの暑い季節に進まないよう、今からヘアケア対策を考えておきたいところです。
posted by mabou at 21:22 | ヘアケア

毛の一生と遺伝子

毛髪は成長期のあとには退行期、休止期を迎えるサイクルを繰り返していますが、この休止期に関連する遺伝子が見つかったそうで、この遺伝子の働きを抑えると休止期が短縮されて、ヘアケアにも役立つ可能性があるといいます。
毛の一生を左右する遺伝子は今後も見つかるかも知れませんが、ヘアケアに役立つ遺伝子がさらに増えて、美容上の悩みの解決に役立つといいと思います。
posted by mabou at 20:18 | ヘアケア

お笑い芸人と薄毛

お笑い芸人の方にも薄毛にお悩みの方は少なくないようで、息子が将来薄毛にならないように心配する親ばかぶりを疲労しているようです。
たしかに薄毛の遺伝は心配になってもおかしくないと思いますが、問題は薄毛の防止対策でしょう。
髪を染めたり、ひっつめたりすることは、髪を傷めるから育毛にはマイナスといいますが、科学的にはどうなのでしょう。育毛法の多くは頭皮をいたわって血流をよくすることが育毛に大事といいますが、結局個人でできる育毛法は髪の毛だけでなく、頭皮もふくめていたわることに尽きるようです。髪の毛は大事に長く保てるよう普段からヘアケアに注意しておきましょう。
posted by mabou at 18:57 | ヘアケア

薄毛が気になったら

特に男性は男性型脱毛症という名前が示すように男性ホルモンが前頭部などの毛髪の脱落に関係するそうで、年齢とともに薄毛が気になるでしょうが、女性も同じく年齢とともに薄毛に悩む方は少なくないようです。
薄毛が気になったらどうするか。
まずは手軽なシャンプーを育毛用に変えるとか、育毛用のヘアケア用品を試してみることになるのでしょう。
市販のクスリでもミノキシジル配合の育毛剤もあり、さらに育毛クリニックでは高濃度のミノキシジルが外用剤で使えるようです。ミノキシジルは本来の薬効がもうひとつだったところが、副作用の方が注目されて育毛に利用されるようになった薬剤です。
さらに飲み薬ではフィナステリドも利用できるようになって今では薄毛の方にもいろんな治療の選択肢が用意されています。よく宣伝されているように薄毛が気になったらお医者さんに相談ということになるのでしょう。
posted by mabou at 21:20 | ヘアケア

リアルラゾンシャンプー

リアルラゾンシャンプーには深海の海泥タナクラクレイが含まれていて頭皮の汚れを根こそぎ落として育毛環境を整えるといいます。
頭皮の毛穴の詰まりなど正常化して毛髪の生育環境を整える頭皮シャンプーの進化系といわれます。シャンプー選びに悩んだらリアルラゾンシャンプーをお試しあれ!美しい黒髪は地道な育毛努力から生まれるものかもしれません。

育毛のために【リアルラゾンシャンプー】
がこれからの育毛シャンプーの人気を独り占めするかもしれません。
posted by mabou at 23:39 | ヘアケア

薄毛と美容師の魔術

美容師のなかには、薄毛に悩む男性や女性の髪のボリュームアップに華麗なテクニックを駆使する方もいるようです。薄毛に悩む男性は特に多いと思いますから、美容師さんのテクニックがどんなものか試してみるのもいいでしょう。
どうやって薄毛をボリュームアップさせて見せるかというと、例えば、髪の毛を短い毛と長い毛に切り分けて短毛が長毛を支える形で髪のボリュームアップをはかったり、薄毛の部分も散髪してかえって薄毛が目立たなくなる技を使ったり、あの手この手で薄毛のイメージを払拭するテクニックを誇る方もいるようです。
薄毛に悩む方々は一度美容師さんに髪型ヘアスタイルを相談してみるといいかもしれません。
posted by mabou at 22:37 | ヘアケア

天然アミノ酸シャンプーuruotte(うるおって)

天然アミノ酸シャンプーuruotte(うるおって)なら無添加で安心のヘアケアができることと思います。
敏感肌の方にもお肌にやさしい天然アミノ酸シャンプーがおすすめです。
ヘアケアに天然素材を使ったシャンプーで美しい黒髪を保っていきたいものです。



posted by mabou at 22:39 | ヘアケア

オリーブオイルシャンプー

オリーブオイルシャンプーはリンスがいらないヘアケア製品として人気を呼んでいるようです。オリーブ油が髪に潤いを与えるのでリンスの役目もして、頭皮や毛髪に潤いを与えて髪の毛の健康維持にうってつけといえるでしょう。
自然素材だから安心して頭皮ケアならびにヘアケアにお使いいただけそうです。オリーブオイルであなたの髪に潤いを!
posted by mabou at 22:53 | ヘアケア

アマゾンの植物でヘアケア

ブラジル人女性の間では天然素材を使った美容品が人気で、アマゾン川流域の植物を利用したシャンプーや石鹸などヘアケア用品も値段は高めながら使われているといいます。
植物利用のシャンプーはビタミンやミネラルが豊富に含まれ髪に優しいヘアケア製品になっているそうです。ブラジル人女性の美しい髪はアマゾンの恵みを受けているのかも知れません。世界中の女性にアマゾン川の植物利用ヘアケア用品が使われるようになるかも知れません。
posted by mabou at 08:22 | ヘアケア

成長ホルモンサプリメント

天然アミノ酸を原料に成長ホルモンの分泌を刺激する安心のサプリメントを作り上げる努力が髪の毛の薄くなった方にも有用といわれています。
もちろんサプリメントでも副作用には注意しておく必要はありますが、ヘアケアのサプリメントも数多く開発されていてお試しになることも有益でしょう。
老化や加齢に対する抗加齢医学の研究から生まれたという、アンチエイジングサプリメントで、性機能の回復からヘアケアで髪の毛の若返りまで幅広い若返りが目標とされています。HGHシールドでお肌の艶を取り戻したり、黒々とした美髪を取り戻したり、若返りの効果をお試し下さい!



posted by mabou at 01:04 | ヘアケア

アロエを使った育毛剤

アロエは昔から民間では使われた健康食品のようですが、保湿剤としても通用で、頭皮を乾燥から守って循環をよくして頭皮環境を整え、育毛にも役立つといいます。
頭皮の栄養を考えることで毛髪の栄養を改善して育毛に役立たせようというわけです。
アロエを使った育毛剤が作られており多くの方に利用されています。
posted by mabou at 07:36 | ヘアケア

利尻昆布の天然白髪染め

利尻昆布の天然白髪染めは、ミネラル分が豊富な昆布で髪に栄養を補給して、天然植物色素で髪の毛にダメージを与えないように白髪を染めてくれるといいます。
入浴時のトリートメントでカラーリングが手軽にできて人気だそうです。シャンプーの後にトリートメントとしてご使用下さい。
ヘアケアに便利な利尻昆布の天然白髪染めで昆布のパワーを毛髪に与えてあげて下さい。海のミネラル分であなたの髪を元気に保ちましょう。
posted by mabou at 16:14 | ヘアケア

子供の散髪

この不況下に家で散髪してヘアケアにかかる費用を抑えたいという家庭も少なくないようです。特に子供さんの場合は家でも手軽にヘアカットできるようで、サイドと後ろと前とに頭を分けて、襟足や耳まわりなどからヘアカットを始めて、後はトップからミドル、ボトムと頭を上から下へと3区分くらいに分けて、乾いた髪の毛を櫛などで持ち上げて頭皮と直角にしてカットしていくとよいようです。
髪の毛のボリュームを減らすには、すきバサミを使って髪の毛の量を減らし、ふわっとした質感を出すようにするとよいといいます。
ヘアケアも手軽に家でできると節約になって美容の費用が減らせて有難いかもしれません。
posted by mabou at 07:08 | ヘアケア

白髪染め

天然の利尻昆布を使った白髪染めが話題です。簡単にすばやく白髪染めができる無添加の化粧品ということで、天然の植物が持つ色素を使っています。
天然色素には、ウコンやアナトー、クチナシ、シコンなどが挙げられていて、髪の毛に優しい白髪染めということです。
posted by mabou at 00:19 | ヘアケア

女性の育毛ヘアケア

女性の毛髪は、男性と違った育毛法やヘアケアが必要といわれています。
男性は脱毛を気にする方が多いですが、女性は髪のボリュームがなくなってセットしにくくなったという方が多いようです。
女性の毛髪は加齢とともに細くなり、髪が生えている頭皮の状態が悪いと、そこから生えてくる毛髪は栄養不足になりやすいと考えられます。
女性の薄毛は加齢によるもので仕方ないと諦める前に、毛髪を育てる頭皮の状態を改善する育毛頭皮エッセンス「リリィジュ」をお試し下さい。
毛が薄くなった、抜け毛が増えたなど、さまざまな女性の毛髪に関するお悩み解消を目指す女性の髪のための育毛頭皮エッセンス「リリィジュ」で、頭皮ケアを始めませんか?
posted by mabou at 22:12 | ヘアケア

発毛キャンペーン

発毛を研究し続ける会社も少なくないようですが、秋になって枯葉が散るのと同じように毛が抜け落ちるのは困ります。発毛関連の会社でやっている発毛キャンペーンでは、特別価格で発毛施術などを体験できるということなので、物は試しですから発毛法がどんなものか体験するのもよいかも知れません。
男性型脱毛だけでなく、円形脱毛や脂漏性脱毛、びまん性脱毛などにも効果が見られる場合があるということなので発毛が期待できるかも知れません。
発毛や増毛に向けていろんなチャレンジをしてみませんか?
posted by mabou at 22:12 | ヘアケア

髪の毛と加齢

加齢によって髪は白いものが増え、地肌が透けて見えるようになり、毛髪が薄くなったと自覚するのは多くの男性にとって心当たりがあるのではないでしょうか。
寂しくなっていく髪の毛を見て、何とかしたいと思うのは人情というものでしょう。まずは手軽に自宅でできるヘアケアが注目され、毎日の毛髪のお手入れがすすめられます。
フサフサの髪の毛は無理でもせめてヘアケアで薄毛の進行を押しとどめたい、と切に願っています。男性だけでなく女性にも薄毛の問題は存在するのです。
中高年になったら身だしなみ上、ヘアケアに心を配るのも必要ですね。髪の毛を大事にお手入れしましょう。
posted by mabou at 22:12 | ヘアケア

ブラックケアシャンプーKD

昔からインディアンの黒髪を守ってきたといわれている天然ホホバ油が皮脂と頭皮の汚れやフケなどで覆われた頭皮をきれいに掃除してくれます。いわば伝統的なヘアケア法といえるでしょう。
頭皮環境を整えて毛髪の成長を見守りたいあなたのために、
ブラックケアシャンプーKDをお使いのあなたに毛髪がフサフサと戻ってくるよう祈っています。髪の再生に普段の髪のお手入れから、少しずつ薄毛が改善されるよう、髪の毛のプロを目指すブラックケアシャンプーKDをお試し下さい!


シャンプーは髪の毛の健康に大きな影響を与えているといわれ、なるべく髪の成長を損ねないよう注意が必要です。
posted by mabou at 22:12 | ヘアケア

ピュアハーバル・ヘアカラー100で簡単白髪染め

ヘアケアはなにも発毛法や育毛法だけではありません。
美しい髪をさらに美しく見せるために、白髪染めも必要でしょう。
女性が気になる白髪対策も美髪を作るためのヘアケアといえるでしょう。
高齢化のすすむ現代において白髪対策は欠かせないヘアケアとなっています。
男性の薄毛を気にするだけでなく、女性の白髪対策も考える必要があるということでしょう。男性だって白髪は気になるでしょうから、白髪対策も重要なヘアケアなのです。






posted by mabou at 01:46 | ヘアケア

髪と頭皮をいたわるヘアケアシリーズ

髪と頭皮をいたわるヘアケアシリーズは、毛髪のケアには髪の生えている頭皮の状態を改善することも重要と考えて、トータルにヘアケアを行おうという欲張りヘアケアになっています。
ヘアケアにお悩みの方々に提案するトータルヘアケアになっています。
いくつになっても諦めず、黒々フサフサの毛髪を目指しましょう!
抜け毛や痩せ毛の心配から開放されるために、確固としたヘアケアを戦略的に推し進め、毛髪の回復に進みましょう。
髪の生えていた感覚を思い出しましょう。

posted by mabou at 17:19 | ヘアケア

ピュアハーバル・ヘアカラー100

ヘアケアは男性も女性も関心が高い分野と思いますが、特に女性の場合は黒髪が美髪の象徴とされることもあって、白髪や抜け毛に悩む方が多いようです。抜け毛が増えると毛髪のボリュームが減少します。黒髪の減少も美容面ではマイナス要素のようです。
美しい黒髪を女性に喜んでいただくために毛髪へのダメージの少ないヘアカラーが登場しています。白髪染めにお悩みの女性に、特に黒髪を重要と思われる方々にオススメしたいヘアケア用品だと思います。
ヘアケアのための新商品をお試しご希望の方にご紹介するヘアケア新商品です。↓

白髪やダメージヘアでお悩みの女性に必見【ピュアハーバル・女性100】
posted by mabou at 17:19 | ヘアケア

ニーズプラスのシャンプー・トリートメント・スカルプクレンジング

髪の専門クリニックで使用されているという天然原料を主体に作られた育毛促進ヘアケアシリーズ「Need’s Plus」のご紹介です。

天然成分で作られているから、髪と頭皮にやさしいヘアケアが可能といわれます。フルーツ酸が古い頭皮の角質を除去して活性化させるといいます。健康な頭皮から健康な毛髪が生育できるのです。





男女問わず髪の悩みや毛髪のトラブルにお困りの方にお試しいただきたい育毛シャンプーなど髪と頭皮の健康のためのトータルヘアケアシリーズが出来上がりました。

天然原料使用だから安心といえます。あなたの髪が黒々と健康でありますように。
posted by mabou at 17:19 | ヘアケア

フケ取りシャンプー

フケ取りシャンプーの使用によって髪の毛が抜けたという訴えが増えているといいます。しかし、これは病的な脱毛ではなく、フケに刺さっている休止期の毛髪がフケと一緒に洗い流されたもので、病的な脱毛とは考えられません。

毛包に影響するようなフケ取り成分もあるといわれ、フケ取り成分の使用は期限付きで利用することが大事になってくると考えられます。

フケは溜めすぎず頭皮は清潔に保つ方が育毛には適していると思われますが、期限を区切ってフケ取りシャンプーは利用する方がよさそうです。
posted by mabou at 17:19 | ヘアケア

フケとヘアケア

フケが多かったり脂っぽいような髪の毛は細菌が繁殖しやすく、かゆみを起こして脱毛の直接的あるいは間接的な原因となります。
そこで脱毛を予防するシャンプー法として、フケや脂を洗い流す必要があるのですが、洗いすぎないように注意しましょう。頭皮を保護する皮脂まで洗い流しますと皮脂腺の活動を亢進させるため良くないとされています。
また自分の髪の質に合ったシャンプーを選んで、40℃位のお湯で髪の毛を洗うというより頭皮を洗う感じで洗い、洗髪後はよくすすぎます。すすぎが不十分ではフケが残ったり頭皮がかぶれたりする恐れがあります。
すなわち不潔にならない程度に皮脂は残して、頭皮の保護をしながら頭皮の清潔を保つつもりでシャンプーを楽しみましょう。
posted by mabou at 17:19 | ヘアケア

ヘアケアの進歩

ヘアケアの進歩はすでにかなりのものがありますが、さらに今後もミノキシジルプロペシアなどの薬物に続く新たな薬物の開発が期待されます。
また薄毛に関係する遺伝子や育毛に役立つ遺伝子などが特定されて、ヘアケアに遺伝子治療が採用される時代が到来すると考えられています。
植毛手術ではドナー部位から毛を採取して毛のない場所に移植しているため1対1の毛の移動にとどまりますが、クローン技術を使って例えば毛母細胞を培養して増殖させることができるようになれば、ドナーは少しでよいため植毛手術を受ける場合にドナー部の傷跡を減らすなど身体的負担の軽減につながり大きなメリットになります。
posted by mabou at 07:20 | ヘアケア

ケトコナゾールシャンプー(商品名:ニゾラール)

ケトコナゾールはもともと抗真菌薬で、フケの原因がマラセチアというカビの一種であると判明したことから製品化されたシャンプーです。皮脂を落とす力が強くフケ取りシャンプーとして優れているといいます。日本以外ではほぼ世界中で販売されているといいます。これは日本でも早晩発売されてもいいのではないかと思いますが、フケ症の方には有難いヘアケア用品ができるのではないでしょうか。

アメリカでは1%濃度のものは医師の処方は不要で、2%濃度のものは医師処方が必要だそうで、ミノキシジルプロペシアのほかにこのシャンプーもすすめられることが多いということです。そのほかにもノコギリヤシなどがDHT(男性ホルモン)濃度を低下させるといわれて育毛目的でも使用されているそうです。
posted by mabou at 07:54 | ヘアケア

毛髪の美しい艶

髪の美しさの要素には髪の艶、色のグラデーション、髪色の深み、髪の動きなど様々な要素が複雑に絡み合ってきます。
健康な美しい髪では表面のキューティクルの乱れがなく、毛髪内部の空洞化も進行しておらず、髪の表面での光の反射だけでなく反対側の髪の表面で起こる背面反射も見える明るい髪の状態になっています。
健常な毛髪表面ではキューティクルが毛髪の縦軸に対して約2.5度の角度を付けてうろこ状に数層毛髪表面を覆っています。ヘアケアについては、毛髪表面のキューティクルケアのみならず毛髪内部のメデュラなど中心部のケアまでできる技術が望ましいといえます。
posted by mabou at 06:15 | ヘアケア

毛髪内部の空洞化と髪の艶

日常的に行なわれる様々なヘアケア、例えばブラッシング、ブロー、カラーリングなど機械的、熱変性的、化学的なストレスがかかって毛髪内部の様々な部位、例えばメデュラ、コルテックス、キューティクルなどで空洞化が生じていて、この空洞化が光の散乱源となって髪の艶をなくし髪の輝きを奪っていると考えられます。
したがってこの空洞部分を埋めるヘアケア剤が髪の艶を取り戻すために有効なのですが、流出したりして効果が長続きしない欠点があるということです。そこで新しいヘアケア剤として、タンパク質との相互作用で髪のケラチン繊維を膨潤させて空洞化した部分を補修するものが考案されていて、タンパク質でできている毛髪すべての部分で髪の繊維を膨潤させて空洞化した部分を減少させて毛髪内部での光の散乱を抑えて髪に透明感のある艶を取り戻すことが可能になってきているということです。
posted by mabou at 05:58 | ヘアケア

タンパク加水分解物と毛髪

タンパク加水分解物は分子量が小さい場合は毛髪内部に浸透しやすくなり毛髪内部の補修効果が期待できるとされ、亀裂の抑制効果が高くなります。一方、分子量が大きい場合は毛髪表面に留まり摩擦係数を低下させる効果が大きくなり表面に対する作用が期待できます。
例としては以下のようなものがあげられます。
●コラーゲン加水分解物:保湿効果やキューティクルの浮き上がりを抑える効果にすぐれ、ヒドロキシプロリン含有量が高くカラーリング処理後の毛髪強度の維持に役立ちます。
●ケラチン加水分解物:シスチンを多く含み、毛髪の形態変化に伴う亀裂を抑制しパーマ処理時のウェーブ効率を向上させる効果があります。
●コムギタンパク加水分解物:毛髪摩擦係数の低下効果、髪のクシ通り性向上に役立ちます。
●シルク加水分解物:キューティクルの修復効果、毛髪摩擦係数の低下効果を持ちます。
posted by mabou at 22:28 | ヘアケア

毛髪とUVケア剤

UVケア剤にはUV吸収剤と酸化防止剤とがあります。
●UV吸収剤には
ベンゾフェノン系
ケイ皮酸系
パラアミノ安息香酸系
などがありUV波長の領域を吸収しUV吸収剤をシャンプー、リンスなどに配合することで光照射に伴う毛髪の赤色化を防止できるといいます。
●酸化防止剤には
油溶性酸化防止剤ビタミンEなどがあり、光照射に伴うラジカルの発生からラジカルと空気中の酸素が反応して活性酸素を生成して毛髪に起こすとされる損傷の防止に役立つといいます。
posted by mabou at 22:13 | ヘアケア

ヘアケア剤

ヘアケア剤の例としては以下のようなヘアケア剤が知られています。
●カチオン界面活性剤:毛髪に吸着して毛髪の摩擦力を低下させ静電気を防止します。例えば、塩化ステアリルトリメチルアンモニウム、塩化ジステアリルジメチルアンモニウム、ラウリン酸アミドブチルグアニジンなどです。
●カチオン性高分子:シャンプー溶液のように高濃度のアニオン界面活性剤の中では溶解しているため、洗髪中には溶解していて、髪をすすぐ場合に水で希釈されると析出してきて洗い流されずに毛髪上に付着し、シャンプーのコンディショニング成分として配合されています。
posted by mabou at 21:34 | ヘアケア

へアケアと毛髪の損傷

毛髪は1ヵ月に約1cm伸びて30cmくらいの長さで毛先のほうはすでに角化してから2〜3年経過していることになります。毛髪ないし毛幹は死んだ組織といわれて自己修復能力はなく、毛先には様々な損傷が蓄積していくことになります。
毛髪の根元付近ではキューティクルは5〜10層あるのが毛先に向かうにつれて減少し毛先が絡まったり枝毛や切れ毛が発生したり様々な損傷が起こりやすくなるため、日々のヘアケアで損傷が起こらないように注意していく必要があります。
健康な毛髪は最表面のF層の存在で摩擦力は低くキューティクルの強度も高く維持されていますが、パーマ処理やカラーリング処理や光の照射などでF層は失われ摩擦力が高くなりキューティクルも脆くなってきます。
こうした摩擦力を低下させる目的でシリコーン類が毛髪の損傷防止に使用されています。例えば、高重合ジメチルシリコーン、アミノ変性シリコーン、ポリエーテル変性シリコーンなどが利用されます。また損傷を受けた毛髪表面はキューティクルが剥離しつやが低下するためシリコーン類は毛髪のつや出し剤としても使用されます。
posted by mabou at 21:20 | ヘアケア

毛髪の損傷とヘアケア

現代は女性も男性も流行のヘアスタイルに敏感で髪の毛を茶色に染めたりしてカラーリングやパーマも日常のヘアケアの中に定着しブローで髪型を整えたり、きれいな髪とヘアスタイルの維持に余念がないようです。しかしながら顕微鏡的に細かく見ますとブラッシングやブローやパーマやカラーリングなどのヘアケアが原因となって髪は傷んで、一般に女性の髪の毛は男性の髪の毛に比べて長く伸ばしていて髪の損傷も蓄積しており、髪の毛の傷みの程度は激しいと言われています。
髪の毛の損傷原因としてはパーマ、カラーリング、ドライヤー、ブラッシング、紫外線などがあげられ、なるべく髪の損傷を起こさないように考えてみる必要があります。髪の成分のタンパク質は熱によって変性しますし化学的な変化も起きて来ます。
posted by mabou at 15:23 | ヘアケア

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。