スポンサードリンク

iPS細胞と薄毛治療

日本では山中教授がノーベル賞を受賞して一躍知られるようになったiPS細胞ですが、薄毛の治療にも応用されるようになるかも知れません。
iPS細胞は多能性の細胞で、毛髪のもとになる毛包細胞を作ることも可能ということで、薄毛の治療に利用できるようになるだろうということです。毛のある部分から移植して薄毛や脱毛の治療をしているのがiPS細胞による再生治療が可能になるかも知れません。
posted by mabou at 07:41 | 育毛法・増毛法・発毛法

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。