スポンサードリンク

育毛の悩みとヘアケア

現代の男性はおしゃれでボクサーまでがカツラをつけたりして脱毛を隠したり、男性だけでなく女性の薄毛も悩みのもとのようでTVのCMでも柑橘系育毛剤が発毛に良いなど多くの広告が流れています。アメリカからの発毛剤などは爆発的に売れたものもあり、毛髪の悩みは多くの人が持っていて、飲む毛生え薬も登場しています。僕たちが知っているいわゆる毛生え薬とは違って発毛剤育毛剤もかなり進化しています。今までならカツラにするしかなかった人も今の発毛剤は毛が新たに生える期待が持てるヘアケアの新時代になったと思います。ただしあくまで発毛剤、育毛剤、養毛剤は補助的なヘアケアの一つに過ぎず、遺伝的な薄毛、脱毛の要因以外の後天的な薄毛もあり、脱毛の要因を改善することを心がけるのがヘアケアの基本といえるでしょう。
なぜ髪はある人は残って、ある人は薄くなったり抜けたりして脱毛や薄毛になるのか、脱毛の予防や治療にはどうしたらよいのか調査してみます。脱毛のメカニズムを知ることで初めて育毛、発毛、ヘアケアなどの対処法も考えられるわけで、髪の悩みが少しでも軽減されたらいいのですが。
女性にとってはヘアケアは美容上の一大事で、薄毛や白髪が悩みの種のようですが、男性の薄毛や脱毛とよく似たメカニズムが働いているようで、男性も女性も髪の悩みをお持ちの方はどうぞ育毛や発毛について考え参考になさって下さい。髪の豊かさは心の余裕に通じるのではないでしょうか。

われわれ中高年男性にとっては髪が薄くなってくるのは秋の枯葉にも似て加齢現象に物悲しさを誘われる時もあります。また、年とともに髪に白い毛が混じって来て白髪が増え、年齢を感じさせられます。抜け毛を育毛で予防したい、黒々とした髪の毛を発毛で取り戻したい、そんな願いを込めてヘアケアのノウハウを調べ、髪の悩みを軽減するお役に立てればいいのですが。もちろん女性の薄毛についてのヘアケアや毛髪の損傷を防ぐ美容上の方法についても考えます。

管理人が心がけているのは、まずストレスは髪に良くない影響を与えますから笑顔を忘れず嫌なことはなるべく早く忘れることです。次に、髪にも栄養が必要ですから栄養を送る毛母細胞への血流が阻害されることのないよう動脈硬化などに注意が必要です。それには脂っこい洋食を控え、あっさり和食で腹八分目を守ることがよいのではないでしょうか。もちろん運動も大事です。最後に、男性に毛髪の悩みが多く見られるようにホルモンの影響は無視できません。管理人は大豆のイソフラボンがいいのではないかと考え、豆乳を飲むようにしております。イソフラボンに女性ホルモン様の作用があるというので毛髪の保護に役立つのではと期待しています。
いずれにしましても心身の健康は髪の健康にもつながると考えて育毛・増毛に取り組みたいと思います。


重要事項:
「育毛対策ヘアケアに毛髪の増毛育毛剤」内に掲載されている内容については誤りのないように注意を払っていますが正確性を保証するものではありません。
掲載内容についてはご利用された方に不利益や損害等が生じた場合、当サイト管理人は一切責任を負いかねますのでどうかご了解の上でご利用下さい。
また、商品のご購入に際しましては、当サイトではアフィリエイトシステムをとらせていただいているため、各販売会社の特定商取引法に関する事項を参照していただくようお願いいたします。

当サイト内における誤った記載などお気付きの場合は下記連絡先までお知らせいただけると幸いです。

相互リンクお問い合わせ:mabou98gata@@yahoo.co.jp(@はひとつで送信して下さい。)
管理人:mabou



相互リンク

ホワイトニングは審美歯科のホワイトニング
相互リンクドクター!アクセスアップ
サプリメント大事典ーいいサプリメント.com


SEO対策ならSEO Studio/BELL SEARCH!/ジャンル別検索エンジン/FX住宅ローン/1st-link無料相互リンク/
SEO対策相互リンク集
SEO対策にご利用下さい。
相互リンク募集
ページはHTMLで作られています。
SEO-NEO
SEO対策にご利用下さい。ページはHTMLで作られています。
アクセスアップは相互リンクで
アクセス支援の検索エンジン
相互リンク

posted by mabou at 23:59 | トップページ

薄毛と心臓病

薄毛の男性は少なくないと思いますが、薄毛の男性は心筋梗塞や狭心症など心臓病の危険性が高まるといいます。
薄毛に悩む男性は、メタボ健診などに注意して心臓病の可能性がないか注意しておくほうがよさそうですが、病気の予防に役立てることも重要ということです。
脂質異常症や糖尿病など生活習慣病は動脈硬化を進行させるといいますから健診で注意しましょう。
posted by mabou at 00:40 | ヘアケア

白髪の原因

白髪の原因ははっきり分かっていないようで、ストレスや紫外線、強い刺激などが原因にあげられていますが、できればストレスを溜め込まないようにし、むやみに紫外線を浴びるようなことはせず、頭皮のマッサージやスキンケアなどで頭皮の状態を改善することで白髪を減らしていくことも可能だといいますから、頭皮ケアに力を入れて注意していくことが大事でしょう。
posted by mabou at 23:13 | 毛髪のダメージ・損傷

iPS細胞と薄毛治療

日本では山中教授がノーベル賞を受賞して一躍知られるようになったiPS細胞ですが、薄毛の治療にも応用されるようになるかも知れません。
iPS細胞は多能性の細胞で、毛髪のもとになる毛包細胞を作ることも可能ということで、薄毛の治療に利用できるようになるだろうということです。毛のある部分から移植して薄毛や脱毛の治療をしているのがiPS細胞による再生治療が可能になるかも知れません。
posted by mabou at 07:41 | 育毛法・増毛法・発毛法

抜毛症にご注意

ストレスの多い時代ですが、髪の毛を無意識に抜いてしまうという、薄毛や脱毛に悩む方から見ればもったいないといわざるを得ない自傷行為と考えられる行動が少なくないようで注意が必要です。
無意識のうちに髪の毛や眉毛などを引き抜いてしまうといいますから困った病気といえるでしょう。
ストレスを溜め込まないように発散法を身につけて、髪の毛は大事に扱っていくことが大事でしょう。
posted by mabou at 23:10 | 毛髪のダメージ・損傷

男性型脱毛症の治療の進歩

男性型脱毛症は多くの男性の悩みの種ですが、男性ホルモンが原因となっているため脱毛に関与する男性ホルモンの生成を抑制する飲み薬が処方されるようになって一定の効果を挙げているようで、皮膚科で処方を受けることができるようです。
男性型脱毛症の治療には外用剤のミノキシジルと内服薬のフィナステリドの有効性が認められているようで、脱毛症に悩む男性には朗報といえるでしょう。
posted by mabou at 17:40 | ヘアケア

男性型脱毛症と男性ホルモン

男性型脱毛症は男性の多くが気にする薄毛の原因と言われています。この薄毛は男性ホルモンが酵素の働きで変化した悪玉男性ホルモンといわれるホルモンに変化することで毛母細胞が十分育たなくなって短く細い毛が増えることが原因としてあげられています。
薄毛の原因が男性の活力のもとになる男性ホルモンだとすると薄毛も仕方がないのかもしれません。
posted by mabou at 07:44 | 毛髪のダメージ・損傷

白髪と毛母細胞

もともと毛には色がついていないそうで、毛母細胞という毛を作る細胞がメラニン色素を取り込むことで色がつくといいます。
ところが老化してくるとメラニンを取り込む力が落ちて白髪が増えてくるということです。もちろん強いストレスが毛の血行を悪くして白髪が増えたり、遺伝的にメラニンを取り込む力が弱くて白髪が増えるような場合もあるそうですが加齢の影響は大きいようです。
posted by mabou at 07:32 | 毛髪について

発毛剤が効かずに立腹?

発毛剤の効果が出ないことに腹を立てて脅迫に及んだ事件が報道されていますが、確かに効果が疑問視されるような発毛剤や育毛剤もあるようです。
要は、いかに自分のヘアケアに役立つような育毛剤や発毛剤を探すかが問題と言えるのでしょうが、実際に発毛効果が確認されるヘアケア製品はそう多くはないのではないかと思われ、皮膚科などで相談した方がよいのかも知れません。
posted by mabou at 18:41 | 育毛法・増毛法・発毛法

結節性裂毛症?

切れ毛や枝毛に悩んでいる方も多いと思いますが、特に長髪にして毛を伸ばしている方に多い結節性裂毛症という毛の病気もあるそうで注意する必要があります。原因は毛の乾燥があげられていて、トリートメントをこまめにして乾燥を防ぐ必要がありますが、切れ毛や枝毛なった毛は切るより他に仕方がないようです。
ブリーチなどで毛を傷めてこの毛の病気になる場合もあるようですから注意しましょう。
posted by mabou at 12:16 | 毛髪のダメージ・損傷

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。